イメージ画像

出会いパーティの目的

出会いパーティーは何のために開催されるのか。
まさかボランティア、出会いの無い人のためだけに開催されるとは 考えにくいです。

出会いパーティーとは儲けるために開催されているのか。
それとも本気で恋人を探すために開催されているのか。
それは半分正解で半分不正解。
出会いパーティーにも2通りのタイプがあります。

1つは完璧に収益だけを目的として開催されるパーティー。
もう1つは主催者も楽しむために開催されるようなパーティー の2通り。

ちょっとワンランク上の本気出会いパーティーになると多いのが 後者だと言う話しです。主催者自身が本気の出会いを求めて開催する イベントです。

主催者は来場者と名刺交換が基本。そこで仕事面での本気で人脈を広げる ことの出きるメリットがあります。来場者も主催者と仲良くなる ことで女の子を紹介される事もあります。
なので、双方にとってお金だけの利益だけでは無い交流というもの の方が価値があるということでしょう。

こういう事をやっている人は賢い人達です。
目先の利益だけを得ようとするのは凡愚。
目先の利益よりも、その先。ここでこうしとけば後で倍以上になって 利益として戻ってくると考えているんだと思います。

出来る事ならそういう本気の出会いパーティーに参加する機会が巡ってきた ら、主催者と仲良くなっておいて損は無いのでタイミングを見て名刺 交換なんかしてみたらどうでしょうか。

まぁ、開催される場所にもよると思いますけど。
新宿、青山、六本木の高層ビルで開催されるような豪華なパーティー では人脈を広げるチャンスです。

色々な意味のビッグチャンスがそこに隠れているかもしれません。

こう聞くと一般の人にはあまり馴染みのない社交場のようなイメージ がありますが、普通に出会いパーティーというものあります。
無理してそういう場所へ参加するよりも、身の丈に合った場所でという のも大切です。

上記のようなパーティーよりも、こっちのパーティーの方が多く開催 されています。人脈を増やすのは何も高級出会いパーティーだけでは ありませんから。 本気で恋人だって探せるパーティーもある。。。。はず。。。。

どんな探し方をしてますか?

ネットで優良出会いサイトを探すとき、
どんな探し方をしていますか?

検索結果からセフレ出会いを期待できそうなサイトを選ぶユーザーもいると思いますが、
それはあまりあてにはできません。
出来ることならそのサイトの中へ入ってサイトを調べてみましょう。

たぶん優良じゃない出会いサイトの方が多いと思います。

では、そこをどう見極めて行くか。

簡単です、
利用規約を見てみましょう。
それがダルかったらサイト名で検索かけてみて下さい。

おそらくそれですべてが分かると思います。

規約の方は目を通せば分かると思います。
不自然なことや、これからサイトが何をするのかが
記載されているので嫌でも一回は見ましょう。

優良な出会いサイトであればそれっぽい事が
書かれていますし、そうじゃなかったらユーザーの
悲痛な叫びが集まるサイトを見つける事ができます。

そこをみるだけでもかなり参考になるので
分からなかったらそういう調べ方をしましょう。

そうやって出会いサイトを調べてみる、
これが出会いサイトの調べ方です。

誰でもできるやり方なので是非試して下さい。

出会いサイトに優良なところなんてありませんよ。

どこも似たようなものです。

その出会いサイトが優良かどうかは怪しいところなので
登録する前にちゃんと確認だけはしましょう。

規約や料金表を見るだけでもだいぶ分かりますよ、
その優良出会いサイトが何をやっているのか、とかね。

たったそれだけで分かるんですから
登録して騙されてから気付いたのでは勿体無いです。
出会いサイトに騙されてしまう人のほとんどが
出会いサイトについて何も調べていなかった、
というパターンです。

明らかに出会いサイトを舐めていた結果です。

出会いサイトはモテない人に対して親切なところではありません。

むしろ悪意を持って接してきます。
出会いサイトとはそういう場所です。

そこがどんな優良サイトであろうとも
登録する前にはちゃんとしっかり調べてから利用するように。
できたら出会えると思います。
できなきゃずっと、何をやっても出会えないでしょうね。

それが今の出会いサイトというものになります。

サイバーセックスで性的興奮!?

世のかにはサイバーセックスというものがあるらしい。
インターネットを通じて、文章や通話、映像などで、離れた二人が性的興奮を得るなんていうやつのことらしいが、昔から言う所のテレフォンセックスってやつだね。
しかしあれだね。無料出会い系サイバーセックスって言葉は色気がないね!
なんていうか、ちょっと文学的すぎないかね。SFチックすぎるというか。
これがチャットだと、チャHとか、スカイプで相手とビデオ通話ないし通話しながらだとエロイプなんて呼ばれてたりするけど、サイバーセックスってのはなんだかねえ(笑)
サイバーセックスしようなんて言われたら立つモノも立たねえわな(笑)
まぁ名称はともかくそういうもの自体は結構よくあることでな。
ちょっと前に殺された女の子も彼氏にいかがわしい写真を送ってたりしてたわけで。
あういうのもサイバーセックスの一環なんだろうね。
まぁそれはいいとして、サイバーセックスを経てさ。そのあとその相手と実際に遊ぶ算段が整ってさ、その遊ぶ内容が果たして破廉恥なことにならないはずがないやな?
そういう出会いというのは最初からセフレ的な関係が保証されているようなもんで。
こういうのは非常にお手軽だからいいね。
じゃあどういうところでそういう出会いを探すかというと、となるとつまりサイバーセックスは一体どこで行われているかという話になるわな。
意外と色々なところで行われているんだこれが。
チャットサイトや通話相手を募集するようなサイトだとかでさ。
結局人間だれしも万年発情期なものだからこういうオイタの一つや二つしたいと悶える夜もあるわけ。
別にそれは大人子供、男女に限らずにあるってわけ。
特に男の方がこういう事には露骨なんだけどね。
上手く相手をそういう雰囲気にさせて落とすというのが面白いのに、ガツガツしすぎるのが嫌われるのは、ネットでも現実でも一緒ってわけで。
こういう最初っからイヤラシイ出会いも世の中にはあるってことさ。
インターネット、捨てたもんじゃないね。

婚活場所は選んでください

出会い系で婚活が成立したのはもう随分と昔のこと。

今の出会い系で婚活は無理でしょうね。
出会いアプリで結婚相手を見つけるのであれば他の
出会いサイトで見つけた方が良いと思います。

なのに、なぜわざわざ出会い系を選んだの?

出会い系で結婚相手を見つけるぐらいだったら、
他の出会いサイトで見つけた方が良いのでは?

今やネットで出会いを探せるのは
出会い系だけではありません。
もっと他にも目を向けてみましょう。

そっちの方がよっぽど可能性があると思います。

出会い系を買いかぶり過ぎですよ。

出会い系の現状を知らないどこかの誰かが
勝手にそう言っているだけのことです。

今の出会い系がどうなっているのか、
身をもって知れば婚活なんて言葉は
絶対出てこないと思いますけど。

そこまで言う理由はやってみれば分かると思います。

とりあえず婚活をするのであれば出会い系以外で。
もっと他に目を向けてみましょう、
思考停止して出会いは出会い系、という浅はかな考えは危ないですよ。
出会い系ユーザーは年々減っているのですが、
悪質出会い系によって生じた被害額は年々増えている、
という結果が出ています。

利用者が減っているのに額が増えているというのは、
1人の単価が上がったという事になります。
騙されない人はまったく騙されず、
騙されてしまう人はとことん騙されてしまう、
という結果になっているのです。

その違いはなんでしょうか。

と言いますか、出会える出会い系であれば数千円で出会えます。
一万円以上行ってしまうと、
そこは悪質だと思うべき、だと習いました。

なので出会い系数十万使うというのは異常です。
でもそういう人が年々増えているというのが
数字で出てしまっています。

それにその数字は届出を出した人に限られていると思うので、
泣き寝入りしてしまった人も結構いると思います。
おそらく泣き寝入りしたものも含めると……。
お国が買えてしまうような額になるのでは。

そう考えるととんでもない数字が年に出会い系へ
寄付されているのだと考えられます。

数年後出会い系が終わる日

出会い系はこの先どうなって行くのか。

どうなると思います?

個人的な予想ではもう数年後には恋人募集サイトは無くなると思います。
出会い系の長い歴史もそろそろ終わるのではないか、
なんて思っています。

むしろここまでよくもったと思いますよ。

あれだけの事をしてきて今でも動いている事が
驚嘆に値します。

どれだけ出会いの需要があるのかというのを
思い知らされました。

その出会い系がどうなってようが関係ない、
というように利用するユーザー達。

それが出会い系にとってはおいしい状況でした。

悪質出会い系が台頭してきた事でユーザーが
一気に少なくなりました。

そんな状態がずっと続き今に到ります。

本当に今更ですよね、
出会い系には悪質が多い、とか。
今まで出会い系のどの部分を見てきたのですか?
と問いたいです。

そんなのももう長くは続かないでしょうね。
もうちょっとすれば出会い系は無くなると思います。

さて、出会い系がなくなったとしたら次はどんな
出会い方が始まるのでしょうか。
どこにでもサクラがいるのは周知の事実。

サクラゼロと言っているところほど大量のサクラがいます。
1人いたら300人以上はいると思え、
出会い系界では常識です。

サクラはいません、なんて意味不明な言葉は信じないように。
別に騙されたいのであれば構いませんけど。

出会い系には少なからずサクラはいます。

問題なのはその人数です。

酷いところだと出会い系にはサクラしかいないサイトも。

それって犯罪なんじゃ、かと思われるでしょう。
犯罪ですね。

ですが、それを立証するのって難しいですよね。
登録して利用して実際に利用して、
全ユーザーを調べてみますか?

はっきりと立証できないのが出会い系なのです。

あなたがサクラだと思っている相手、
それを誰もが納得できるようにサクラだと証明できますか?
メールだけのやり取りで相手がサクラであると、
はっきりできるのか、という事です。

言った者勝ちなのです。

訴えればおそらく勝てます。
しかし、刑事事件にまで持っていくのは弱いですね。
その出会い系がもっと派手な事をやっていたら話は別ですが。

優良出会い系サイトはほとんど決まっている

どんな出会い系サイトを使うか最初に悩む人は多いと思う。
何せ出会い系サイトというのは詐欺のサイトとても多い。サクラもとても多い。
どの無料出会い系サイトを使うか選ぶのを間違えると無駄にお金を払うことになる。
そうならないためには優良の出会い系サイトを選ばなければいけない。
実は優良の出会い系サイトというのはほとんど決まっているようなものだ。
大手の出会い系サイトがその優良サイトというものに当てはまる。
はっきり言うと、掘り出し物などというような優良の出会い系サイトは存在しない。
無難に大手の出会い系サイトを利用するのが一番優良に近い選択ということになる。
出会い系サイトに必要なのは登録利用者の多さや女性利用者の多さだ。
悪質な出会い系サイトはほとんどそもそもサイトの広告などが男性向けに作られている。
男性利用者というのは放っておいても増えるが女性利用者を集めるのは大変だ。
それなのに男性向けのレイアウトのサイトが成り立つはずがない。
こういうサイトはすべて悪質な詐欺のサイトだと思って間違いない。
一方大手の出会い系サイトというのは女性誌などに積極的に広告を打ち出すなどして、どうにかして女性利用者を増やそうと四苦八苦している。
そういうサイトは優良なサイトであることが多い。
多いというか、真っ当な出会い系サイトの上位5サイトくらいまではほぼ固定されている。
そういうサイトがもっとも優良なサイトに近いということだ。
ワクワクメールやハッピーメールやPCMAX、YYCあたりはどこのサイトを見ていても名前が挙がる。
この辺のサイトはどうやら出会い系サイトの中でも老舗の大手サイトのようだ。
真っ当な出会い系サイトで優良を求めるならばこの辺の大手サイトを使うのがいい。
もっと条件の良さそうに見える出会い系サイトはたくさんあるが、そういう出会い系サイトは詐欺のサイトで間違いない。
老舗サイトというのはそれだけで安心感がある。
ただしそういうサイトにもサクラはいるので騙されないように注意しなくてはいけない。
どんな出会い系サイトにも一定の危険は潜んでいるのだ。

性的少数者が最先端?

出会い系サイトの前身は、なんでもゲイ向けの雑誌やなにからしい。
出会いという言葉自体このあたりから発信されていたらしい。
そして雑誌の投稿欄にこういった無料出会いの場所を設けていたらしい。
セクシャルマイノリティは昔も、今もまだまだ残念ながらアンダーグラウンドな存在だ。
世間ではだいぶ認知されてきて、その市民権も手に入れ始めてきているとはいえ、まだまだその性的少数者に対して偏見を持っている人も多い。
先進国は性的少数者に寛容になりつつあるが、日本は悲しいことに保守的だ。
ゲイというのはだいたい昔っから最先端を行く感性を持っている。
ことゲイ術もとい芸術の分野なんかではことさらそれが顕著である。
例えばフレディ・マーキュリー、ミュージシャン、フランシス・ベーコンなどの画家や、ファッションのデザイナーなんかでもゲイの人が結構いたりする。
出会い系サイトもやっとゲイカルチャーに追い付いてきたのかもしれない。
なぜそんなセンスフルな同性愛者を冷遇するのかわからないが、偏見はなかなか消えないようだ。
現在でも性的少数者は出会い系サイトをうまく利用している。
性的少数者はその、性質ゆえに、周りに自分の性的指向、嗜好ではなく指向である、をカムアウトできない場合が多いので、なかなかそのパートナーをおおっぴらに探す事が出来ない。
そういう時に出会い系サイトを利用してきたのだ。
出会い系サイトならば、周りの目を気にすることもなく、本当の自分をさらけ出すことができる。
ゲイカルチャーというのは、排他的で保守的になりがちゆえ、こういう仲間同士で徒党を組むのが好きなのだ。
実際新宿二丁目のゲイタウンを見てもそれがわかると思う。
出会い系サイト事情は年々変化しているがはやりその先頭にはやはりゲイがいるのだろうか。
出会い系サイト事情もゲイの動向に注目していればその最先端の動きがわかるかもしれない。
最近は出会い系サイトというのはなりをひそめ始めている。
また新たな潮流が生まれそうな予感だ。

スマホの持ち腐れにならないよーに

スマートフォンを持っていて出会いを手に入れようとしていないなんてもったいない。
最近のスマホ出会い系サイトや非出会い系サイトも含め、スマートフォンに使いやすい形が増えてきていていて、スマートフォンで容易に出会いが手に入るようになった。
ガラケーよりも格段に出会いに至るまでの確立が上がったし、出会える人の幅も広くなっているのだ。
出会い系サイトはその名の通り、出会いを手に入れるサイトだが、最近大手の出会い系サイトでは、ウェブサイトを閲覧するための専用のアプリなんかをリリースしたりしている。
そうすることで、スマートフォンを利用している人を確保しようというのだ。
最近はパソコンを持っている人よりもスマートフォンを持っている人の方が多いのではないだろうか。
統計や詳しい時間はわからないが、若い世代で、パソコンを使用する時間よりもスマートフォンを利用する時間の方が多い人もけっこういるのではないだろうか。
そういった若い層などを取り込もうと出会い系サイトは躍起になっている。
出会い系サイトがスマートフォン人口を取り込もうとしているというこは、つまりスマートフォンで出会い系サイトを利用した方が優遇してもらえるのだ。
出会い系サイトに限らず最近は出会いというのがいくらでも手に入る。
出会い系サイト以外での出会いの手に入るサイトを非出会い系サイトというらしい。
たとえばSNSやチャットサイトやネットゲームもそうかな?
そういったサイトでも十分に出会いが手に入るのだ。
そこでまたスマートフォンが活躍することになる。
特にSNSなどでは、パソコンよりもスマートフォンからのアクセスの方が圧倒的に簡単で、そして便利に利用できる。
SNSを活発に利用すればするほど、出会いのチャンスが広がる。
SNSに頻繁にアクセスしSNS上で積極的に交友関係を広げることがSNSでの出会いへの早道だ。
今時スマートフォンを持っていて、出会いを手に入れられることすら知らないのであれば、それはもうスマホの持ち腐れといっても過言ではないかも。

ツイてて良かったですね

出会えないのは誰のせいでしょうか。

たぶん探しているところが悪いんじゃないでしょうか。
出会いサイトで探すのも良いですが、
ほかにもっと探しやすい場所があると思いますけど。

あえての出会い系サイトなのか、
ほかに探すところが無いから出会い系サイトなのか、
そこでだいぶ意味が変わってきますね。

出会いが欲しいなら出会えるところを選びましょう。

ツイいている事に出会い系サイトでも会えるサイトは
まだ存在しています。

しかし、そこまで期待できるものでもありません。

そこで出会う出会いがあなたの中でどういうものに
なっているかが気になります。

素敵な出会いになっているのか、
お金で出会いだと割り切っているのか、
そこでも結構変わってくるのです。

期待している方には申し訳ありませんが、
今の出会える出会い系サイトであっても後者しかありません。

そうすべてお金の出会いなのです。
しかも、出会えるのはすべて30代越えの女性ばかり。
それが出会い系サイトの出会いになります。
出会いが無いと言って出会い系サイトへ来るのは、
かなり安易で短絡的な考えですよ。

出会いがないからと言って出会い系サイトに頼る、
だったら街中でナンパでもした方が
早いかもしれませんよ。

どんな出会いを求めているかにもよりますが、
出会い系サイトの利用を考えているとしたら
大体の想像は付きます。

では風俗はどうでしょうか。

出会い系サイトの利用を拒んでいるわけではありません。

そこまで使いたいのであれば止めません。
利用するかどうかを決めるのはあくまであなた、
私は他の可能性もありますよ、と言っているだけです。

出会い系が嫌いというわけではないです。

結構信用できないだけで嫌いというわけではありません。

お金を積まれて利用してくださいとお願いされたらやりますが、
それ以外で自ら利用しようとする事はないでしょう。
と、言うぐらいの距離になります。

率先して利用しようとは思わないですね。

現状の出会い系サイトを知っているから尚更ですよ。

友達募集という出会い方

出会い掲示板が出会い系サイト規制法案で規制されて以来出会い掲示板はちょっと形が変わった。
ストレートに出会いを募集するのではなく、アプリの通話相手募集の体を取っている。
例えば昔の割り切り出会い掲示板が、年齢、場所、連絡先、時にはサービスとそのサービス料なんかを書き込み、それを見た近くの人がその人に連絡するというなんともわかりやすい形だったが、少しあからさますぎるので規制されてしまった。
最近ではまず、例えばスカイプやラインのIDまたはメールアドレス等を晒す、友達募集掲示板の形をとっている。
つまり掲示板を運営している側としては、うちは場所は提供しますけど、知り合ったあとにどうなろうがそれはこっちには責任ありませんよって形だ。
そして性別を指定して募集のかけるのはだいたい禁止だったりする。
性別指定は出会い系サイト規制法案に触れるのか、たぶんそんな理由だろう。
これはかなり形式的な穴だらけな規制で、実際その出会い掲示板の現場では、自分の性別を書き込むのが常となっている。
自分の性別を書き込むことで、暗黙の了解で異性からのコンタクトがくるのだ。
自分の性別を書き込むのは規制されていないというところをついたわけだ。
こういうして異性同士がマッチングして、後は野となれ山となれ。
勝手に仲良くなって遊ぶもよし、ただ暇つぶしで雑談で終わらすもよし、性格が合わなそうならばすぐに切ってしまうもよし。
出会い掲示板というのはこういう感じになっている。
出会いに直結する形ではもうちょっと緩い感じなのだ。
出会ってもいいし出会わなくてもいい、そういう感じなので、ゆっくり品定めができる。
それにいきなり会おう、なんていうこともないし、相手とそのラインなりスカイプなりメールなりでやり取りしてからの交渉になるので、変なのを回避することもできる。
インターネットで知らない人と出会うにはリスクが付きまとうのだからよくよく相手くらいは選びたい。
今は割と無法地帯だから掲示板を使うなら早めがいいと思う。

出会いをものに出来ない女性たちは

普通の女性であればネットを利用しなくても、
普段の生活の中で出会えています。

ネットで相手を探す女性は相当切羽詰まっている人か、
また人妻出会いでは見向きもされない人が大半です。

SNSでもそれは同じことです。

出会いサイトで実際に会って事故に遭うのは
そういう人ばかりが出会いを求めているからになります。
キレイな人と出会えたのはたまたまです、
それは大切にしましょう。

SNSでは写真を掲載している人も結構多いです。

そこに写っている写真の人はきれいな人に見えるはず。
それは自分がそういうものだと分かっているので、
撮り方などを工夫して、写っているのです。

写真なんてまったくもって信用できないです。

ネットで実際の出会いを狙う場合、
会う相手に対してある程度覚悟しておいた方が良いでしょう。
そうすれば実際に会ったときのギャップにキレる事も
そう無いと思います。

高い理想を持ってしまうからキレるのです。
そういうもんだよな、と理解する事が大切ですよ。
SNSサイトでは未成年者も利用しているため、
『出会い』に対しては厳しい処置を採っています。

出会いやすい環境かと言ったらどうでしょうか。
しかし、昔に比べたら非常に利用しにくくはなっている
感じはします。

女性の多く利用していますし、
出会いの場としては理想的なのですが、
運営しているサイトがそれを推奨していないのは
致命的です。

こっちがいくら会おうとしてもサイト側が阻止してきます。
それはもう仕方の無いことです。

問題が起きる前に事前に摘み取るのは当然。
何か起こってからでは遅いですからね。

そういう出会いが欲しいのであればもっと良いところが
あると思うのですが……。
わざわざサイトの目を盗んで出会いをしようなんて
面倒なだけではないでしょうか。

相手もノリ気なら良いですけどね。
こういうのって一方的な言い寄りですからね、
ひとつ返事で応えてくれる人はそういないと思います。

そこが出会い系とSNSの大きな違いだと思います。

もし最初から会う事が目的だったらSNSサイトを利用する
ことは無いと思いますがどうでしょうか。

このページの先頭へ